検索

Weekday Sunshine

しばらくまとまった降雪がありません。


もちろんパウダースノーは大好きなんですが、こうして新雪が降らずにしばれ、圧雪、しばれ、圧雪、が続くと少しづつワクワクと期待感が高まってきます。なぜならそんな日が続いてから少しだけ雪温が上がったある日、圧雪隊の美学の結晶であるバシッとしあがった美しいスロープが、特に輝く日が現れることをしっているからです。


新雪もただ量降ればいいってもんではなく、我々はだんだん贅沢になっていきます。一番下からグラデーション的に水分含有量が減っていき、軽すぎず、重すぎず、なんともいえない足応えをもたらしてくれるときがあります。量ではなく質が最高の日。パウダーをどれだけ滑っても忘れられないあの日の感触、という日。


同じように、大型重機で圧雪され、一見見た目が昨日と同じゲレンデにもコンディションの積み重ねによって、本当にコントローラブルで、ズレとキレが自在に捌け、硬すぎるところがなく、かといってきっちり踏み応えもある、そしてそんな状態がスキー場の高低差や向いている面にほぼ問わず一面に広がる日があります。本当に細かい差ですし贅沢のきわみです。もしかするとほとんどが思い込みかもしれません。でもカムイは今日がその日でした!


前置きが長くなりましたが今日の我々は自由で万能でした。


きっと学校授業できていた子ども達もみんなそれぞれ主役になっていたと思います!

たとえ勘違いでも、一瞬でも、神様になれた!

今日滑っていた子ども達は絶対またスキー場に来ると思います。

転んでもうまくいかなくても気持ちよかったし楽しかったよね!


0回の閲覧
  • Facebookの社会的なアイコン
LINE_APP.png
misima.png

活動自粛中

(C)2015 ネーブルスノー